浅場のタイラバはスピニングも楽しい!?

タイラバといえば以前も書きましたが、ベイトリール。落として巻くだけのタイラバには最適なリールです。

でも、秋など浅場に真鯛が集まる時期には、スピニングリールも活躍します。その理由とは!?

<スポンサーリンク>

秋は浅場も狙い目

正直、10月頃の秋は、真鯛の居場所を掴むのは難しい季節です。

いわし等のベイトフィッシュも広範囲にいますし、浅場ではかに等も多く、その分真鯛もどこにいてもおかしくない状況。

特に冬に向けて荒食いする真鯛が、浅場に集まることもしばしばで、こういった魚はかつては「ひとつテンヤ」の得意とするところでした。

どうしても、落として巻くタイラバの場合、水深が20mだとすると、誘える範囲が底から5m程度で、5巻きで終わりです。

また、見切られやすくもなってしまいます。

そこで新しいタイラバのスタイルが、「キャスティングタイラバ」です。

軽いタイラバを数十メートルキャストして巻くことで、海底から5mくらいの範囲を長く誘うことができるのです。

また、散らばっている真鯛にも広範囲にアピールできるというわけです。

そんな「投げる」タイラバの場合は、圧倒的にスピニングタックルが有利です。

以前はシーバスロッドで行っていましたが、現在は矢スティング用に開発された、やわらかい穂先のタイラバロッドもあります。

また意外と「ひとつテンヤ」ロッドでも軽いタイラバはキャストできて、なおかつ穂先が柔らかいので真鯛の乗りも良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA