2019年の玄界灘のっこみ真鯛は遅れ気味

令和になった5/1ですが、玄界灘ののっこみ真鯛について書きます。

昨年はこの頃は小呂島から手前でも大型真鯛が釣れていましたが、今年はどうやら遅れ気味のようです。

<スポンサーリンク>

勝本では3月から開幕中

玄界灘というより、ほぼ対馬海峡の壱岐島の北、勝本のエリアでは3月末からのっこみ真鯛は開幕していました。

遊漁船などの釣果情報をうらやましく見ながら、いつ玄界灘近海(小呂島など)にやってくるのかと思っていましたが、5/1現在まだまだな状況のようです。

もちろん全く釣れないということはないのですが、絶対数が少ない状況。

玄界灘ののっこみ真鯛が、本気で始まったら、日に何枚も70cmオーバーが釣れておかしくないので、やや残念な2019年シーズンとなっています。

ただ、このまま終わる、ということは考えにくく、必ず近日中には大型が群れで入ってくると信じています。

のっこみ真鯛に備えてやっておくこと。

自然が相手ですので、焦ってもしようがありません。

そこで、天候が悪い日には、来るべきのっこみシーズンに備えて陸上でできる準備はしておきましょう。

①ラインの巻き替え

大型がヒットしやすくなるので、PEラインは毎年シーズイン前に変えるようにしています。

また、深場がメインになるので、200mは巻いておかないと、高切れした際に、対応出来なくなる可能性もあるので注意です。

②タイラバ用の針の製作

買ってもいいのですが、自分で作ったほうが経済的です。

また、自分で作った針で釣り上げると嬉しさも倍になると感じています。のんびりコーヒーでも飲みながら、針を作る時間も中々楽しいですよ。

ほかにもヘッドを買い足したり、タックルボックスを整理したりシーズンイン前にやっておきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA